歯の健康でグッドスマイルをつくろう|インプラント治療を受ける

歯科

治療をする

インプラントは実用性重視の治療法

歯医者

インプラントはこれまで見栄えにこだわる審美歯科の一部のように捉えられていましたが、実はインプラントは歯を失って入れ歯などを使用している人やこれから歯を失う可能性のある人に利用してもらいたい技術です。入れ歯を使っていると、硬いものが噛めない、しゃべりにくい、違和感があるなど様々な不便があります。一方でインプラントはしっかりと土台を埋め込んだ上に人工歯を付けるので、ぐらつくなどの不便もありません。歯を失う人の多くは歯周病や虫歯などが原因で、中年以降の高齢者に特に多くなります。もう歳だから歯を失ってもしょうがないなどあきらめることはありません。ご飯を美味しく食べること、楽しくできるおしゃべりはインプラントで実現することができます。

高齢だからとあきらめないで

インプラント治療は約2回の手術があります。1度目は土台となるインプラントを歯茎を切開したうえで埋め込み、2回目は埋め込んだ土台上の歯茎を切開し、人工歯との接続部分を作製します。抜歯による歯茎の痩せなどがあり、歯肉の移植が必要な場合は、別途手術を行うか、2回目の手術の際に同時に行われることがあります。このように、インプラントは手術を行うため、治療を受ける際は歯科医に既往歴や飲んでいる薬などがあれば、申告する必要があります。高齢など年齢によっては別に内科への受診などが必要になる場合があります。しかし、たとえ高齢であっても、もちろん持病があっても、生活できる程度の健康さがあればインプラント治療を受けることが可能です。生活の質の向上のために入れ歯等に不満のある方はぜひ歯科医院に相談してみてください。